ダカール・ラリー

ダカール・ラリーは最も長い歴史を持つラリーレイドの最高峰ともいわれる大会です。

条件の激しく移り変わるコースを、一日300から800kmに渡って走るレースです。コース上には砂丘あり、地盤のもろい場所あり、滑りやすい場所、ぬかる みなどが潜んでいます。タイヤへの負担の大きさも容易に想像できます。タイヤにかかる熱負担も重要な要素です。路面の温度は実に50℃以上。タイヤも激し く消耗します。

  • ミシュランは2011年のダカール大会で、初めてミシュラン・デザートを投入。新しい450ccプロトタイプ用に開発されたタイヤで、まさにラリーレイド30年の経験の結晶でした。
  • このタイヤを搭載したマシンで、2013年にはCyril Deprèsが優勝。本人5回目となる世界チャンピオンを獲得、ミシュランとしては1982年以来30回目となる勝利でした。

ミシュラン・デザートは「ビブ・ムース」と組み合わせて使うことを前提に開発されたタイヤです。ビブ・ムースは1980年初頭にパンク防止のために 開発されたシステムで、現在では一般に広く市販されています。扱いやすく、高いグリップ力、優れたバランス性能と耐久性が特徴で、ダカールラリーの優勝ラ イダー達から高い評価を得ています。