タイヤの劣化と性能

タイヤの劣化と性能

劣化の進んだタイヤは、その性能だけでなく、安全走行にも悪影響を及ぼします。

 

タイヤの使用期限はタイヤの製造年とは必ずしも関係はありません。保管場所や走り方によってタイヤの摩耗は変化するためです。

 

例えば新しいタイヤでも、変圧器のそばに駐車されていた、あるいは保管されていた場合、たった数日で側面に決定的な損傷(ひび)が見られることもあります。結果としてタイヤ性能が落ち、空気が漏れやすくなったりします。

 

タイヤの使用限度

モーターサイクル用タイヤの溝深さの使用限度は残り溝0.8mmです。

 

それ以前に新品タイヤと交換して下さい。

 

タイヤの寿命についてのアドバイス

タイヤはゴムと合成物から出来ていて、それらの性質によりタイヤとしての役割を果たすことができます。

 

年月によりこれらの性質は変化し、また気候、保存状況、使用方法(積荷、スピード、圧力)など様々な要因によって劣化します。劣化の原因は多様なので、タイヤの使用可能期間を予測することは不可能です。

 

ご自分で定期的に点検すると同時に、専門知識を持ったタイヤ販売店でタイヤの定期点検を受けることをお勧めします。