Performance issues

I様々な性能トラブルの原因究明は容易ではありません。適正空気圧ではないタイヤや車両、アクセサリーパーツに起因することもあります。タイヤだけが唯一の発生原因ではありません。

 

ウォッブル

Swaying

 

直進時やコーナーリング時に起こる前後のタイヤの通る軌跡が違う左右の波状動。時速100キロ~140キロ近辺の高速走行時に発生する現象。

 

キックバック

Speed wobble

 

道路の段差や継ぎ目などを通過した時、或いは急加速時に起こる。進行方向は変らないがハンドルが瞬間的に激しく左右に振られる現象。

 

シミー

Shimmy

 

 

時速100キロ以下の低速で小刻みに左右方向に連続して振動する現象。

 

バイブレーション

Vibrations

 

時速90キロ~130キロ付近で足回り全体が小刻みに振動する現象。

 

常にタイヤがトラブルの原因とは限りません

不適正な荷重分布はハンドリングに関わるトラブルに大きな影響を与えます。トップケースやサイドバッグ、アッパーカウル、スクリーン、ハンドル、シート、社外ホイールなどの取り付けや変更なども走行に影響を及ぼすこともあります。